会計情報

株式分割があった時は一株あたり情報はリステイトするなど注記で留意する項目を列挙するの巻

株式分割は単に発行済株式総数を増加させるものであり、企業価値に対してフラットであると理論的に考えられます。   また、株式分割自体は株式に関することであり、企業の財務諸表に対しては影響を及ぼさないため、株式分割が行われた場合でも、…

【収益認識に関する会計基準を読む!】ライセンス売買の収益認識について検討を加えるの巻

2018年3月30日に収益認識に関する会計基準がASBJより公表されました。 さらに、収益認識に関する会計基準の適用指針も公表されています。基本的には従前の会計実務に大きな変更を求めるような基準ではない、ということがいろいろなメディア等で述べられていますが、果たして本当にそれは正しいのでしょうか。実際に基準の文言を読んでみると、意外にも従前の会計処理とは異

のれんとは何か?のれんの本質から実務的な計算の仕方について

のれんとは何か?   一般的には超過収益力そのものあるいは超過収益力の源泉であると説明されています。   しかし、そもそも超過収益力という説明自体もイマイチわからなかったりしますよね。   さらに、のれんについ…

2018年4月1日以降開始事業年度から繰延税金資産は流動資産には計上されなくなり全額が固定資産に計上されます。

税効果会計の会計基準に改正があります。 大きなトピックとしては繰延税金資産が流動資産に計上されることがなくなります。 繰延税金資産の全額が固定資産の部、投資その他の資産の区分に計上されることになりました。 繰延税金資産が流動資産から固定資産…

税率差異に関する注記の調整項目を列挙する!難しいようであれば税率差異のみアウトソーシングするのも一つの手もかもしれません。

税率差異の注記は一年に一度の本決算のタイミングでしか作成をしません。   そのため、税率差異の

学校法人会計に係る基本金の会計処理について

学校法人会計は企業会計とは異なるため、企業会計に詳しい人からするとなかなかとっつきにくいかもしれません。 しかし、コツを掴んでしまえば、それほど難しいものではありません。 ここでは、学校法人会計の細かい記載について一つ一つ追っていくのではな…

キャッシュフローヘッジの原型って知ってますか?公正価値ヘッジとキャッシュフローヘッジの相違点を説明します!

ヘッジ会計とはなんでしょうか?? 名前自体は会計に携わった人であれば知っていると思います。 しかし、ヘッジ会計は全ての会社で適用される会計基準ではなく、例えば自分が勤めている会社がデリバティブ取引などを実行していない限りは論点として触れない…

プッシュダウン会計とは何か?企業買収時に発生する連結のれんを単体FSに計上する?

プッシュダウン会計をご存知でしょうか? 日本基準には存在しない概念ですし、そもそも聞いたことすらないという方が多いかと思います。 プッシュダウン会計を一言で表現すると、それは、支配獲得時において発生した「のれん」を連結財務諸表で識別するので…