監査証明

新規IPO審査で問われる経営者が関与する取引とは何か?

東証によるIPOの審査時で昨今クローズアップされることが多い項目として、経営者が関与する取引というものがあります。 このような人物による取引の場合、内部統制が適切に機能する確率は相対的に低くなりますし、不合理な取引となってしまう可能性があ…

監基報とは何か?監査基準委員会報告書のまとめ!

監査基準委員会報告書についてのご紹介になります。 監基報とは何か? 監基報とは、監査基準委員会報告書の略称となります。 そうすると次に監査基準委員会報告書とは何か?という疑問がわきますよね! 監査基準委員会報告書は日本公認会計士協会が作成し…

公認会計士による会社法監査とは何か?

公認会計士による会計監査は上場企業のみが必要であると思われている中小企業の社長の方、多いかもしれませんね。 実はある程度の規模の会社になると会社法上では公認会計士による会計監査を受講する義務が生じるのです。     公認…

ギネスブックへの登録の申請において公認会計士が証人となることができます。

ギネスブックに世界記録保持者として記載されるために必要なことを知っていますか? 仮に誰も見ていないところで世界記録を達成したとしてもギネスブックに記載されることはないので意味がありません。 その意味では記録を達成することは必要条件ではありま…

日本公認会計士協会が実施する品質管理レビューとは何か?公認会計士監査審査会が実施する検査とは異なるのか?

監査法人に所属するパートナーにとって厄介な存在、それが日本公認会計士協会が実施する品質管理レビューです。 むろん、きちんと監査業務を実施しているのであれば、レビューを受けたとしてもなんら問題はないはずです。 しかし、実際の監査業務を行なって…

KAMとは何か?KeyAuditMatters(監査上の主要な検討事項)について理解しよう!

いま会計士業界ではKAM(Key Audit Matters)がアツい議論となっています。 そこでKAMとは何かということをざっくり理解することを目標に本稿を記載することとします。 KAMとは何か? KAMはKey Audit Matter…

第一種旅行業者を対象として更新登録の際に公認会計士等による確認手続(監査)について

第1種旅行業者の旅行業に関する登録更新時に公認会計士等の確認が求められます。 旅行業の登録更新に関して公認会計士等の確認が求められることが法律の改正により決定しましたが、一方で具体的にはどのようなことを実施することになるのかについては必ずし…

IT全般統制ってもっと簡略化・簡素化・明確化できない?最新のIT業界やシステムの理解が及んでいないIT統制の仕組みを変えたい!

本場アメリカにおけるSOXをほぼ模倣して日本にも導入した内部統制報告制度(日本SOX、以下J-SOX)。 むろん、模倣したのではない、内部統制報告制度は日本独自の制度であり、アメリカのSOXとは相応に異なるものである。そんな主張もありますね…

特別試験研究費の税額控除(OI型試験研究費)を受けるには監査が必要?公認会計士による特別試験研究費に係る監査証明について

特別試験研究費税額控除制度は、試験研究のために使用した費用の一定割合を税額控除できる、いわゆる研究開発税制の1つです。 産学官連携による共同研究及び委託研究を通じた基礎的創造的研究を促進する観点から、平成5年度税制改正で創設されましたが、平…

労働者派遣に係る事業の許可審査に係る中間又は月次決算書に対して公認会計士が行う監査および監査証明について

一般労働者派遣事業等を行う場合は厚生労働省の許可がなければ開業することができないことになっています。 この厚生労働省への許可を申請する際に、場合によっては公認会計士の監査が必要となることがあります。 つまり、労働者派遣および人材派遣を業とし…