ギネスブックへの登録の申請において公認会計士が証人となることができます。

ギネスブックに世界記録保持者として記載されるために必要なことを知っていますか?

仮に誰も見ていないところで世界記録を達成したとしてもギネスブックに記載されることはないので意味がありません。

その意味では記録を達成することは必要条件ではありますが、記録を認定されるには、達成した事実を証明することが求められるのです。そのためには、ギネスワールドレコーズから認定されるためには様々な証拠物の提出が必要になります。

提出が必要な証拠物は挑戦する記録によって異なりますが、その中で公認会計士による照明が求められるケースも存在しています。

そこで本稿では公認会計士がギネスブックへの登録を申請するための必要な書類の一つを構成するケースについて解説を行うとともに、申請のための業務を依頼する際の留意点をご紹介いたします。

ギネスブックへの登録の申請

ギネス世界記録全タイトル共通の証拠物

まずは、ギネスブックへの登録をする際に必ず、換言すれば、どんな内容を申請するにしても必要となる資料等についてご紹介します。

  • Cover Letter(カバーレター)
  • Witness Statement x2(証人による証明書×2)
  • Photographic Evidence(証拠写真)
  • Video Evidence (証拠映像)
  • Schedules 2&3 (証拠物に関する権利放棄書)

上記のうち、Schedules 2&3 (証拠物に関する権利放棄書)についての詳細はGUIDE TO YOUR EVIDENCEに詳細があります。

記録により提出が義務付けられる証拠物

  • Timekeeper Statements (タイムキーパーによる証明書 – 時間に基づく記録)
  • Surveyor Statement (測量士による証明書 – 寸法に基づく記録)
  • Steward Statements (監視員による証明書 – 参加者多数の記録)
  • Log Books (ログブック – 長時間に渡る記録)
  • Specialist Witness Statement (専門家の証人による証明書 – 専門的な記録)
  • Medical Professional Statement (医療の専門家による証明書 – 人体や医療に関する記録)
  • Veterinary Physician Statement (獣医による証明書 – 動物に関する記録)

 

証人による証明書とは何か?

 

証人による証明書とは、実際の記録挑戦に立ち会った独立した立場の正当な証人2名が、挑戦内容を証明するために記入する書類を指します。

公式認定員が立ち会わない記録挑戦において独立した証人は公式認定員の目や耳の代わりを果たします。

証人達は挑戦の最初から最後まで立ち会い、挑戦の様子を監視し、全てのガイドラインに従って挑戦が行われたかを確認し、その詳細を証明書に記入します。証人による証明書が欠けている場合、記録審査を行うことはできません。

 

どのような人物が証人として認められるか

証人としてギネスが認めているのは以下の3つのケースに限定されています。

一番わかりやすいのは最初にご紹介する公式認定員ということになります。ギネスが認めている公式の認定員の場合は審査も比較的簡易になることでしょう。

ギネスワールドレコーズ公式認定員

ギネスワールドレコーズ公式認定員が挑戦イベントに立ち会う場合、その場で挑戦内容の審査を行い、新記録が達成された際はすぐに記録達成を宣言することが可能です(通常申請の場合、審査結果のご連絡まで最短12週間程度お待ち頂く必要がございます)。

こちらのサービスをご利用頂くと、公式認定員が証人の代わりを果たすため、提出の必要な証拠物が少なくなります。提出の必要な証拠物については担当の公式認定員とご確認下さい。

地域で活動している、独立した立場のプロフェッショナル

独立性が担保され、なおかつ、あくまでも証人として挑戦の場に立ち会うことができる場合は、お住まいの地域の弁護士や行政団体の人物、会計士や警察官などに証人になって頂けます。証人として不適当な例としては、 多数の参加者が集うイベントの証人として、その場で職務を行っている警備員の方が挙げられます。警備の職務遂行に注意が割かれ、証人としての務めが満足に果たされない為です。

独立した監査法人や専門機関

記録挑戦者あるいは企画・運営者と契約を結んだ、独立した立場で記録挑戦に立ち会う法人あるいは機関がこちらに該当します。

参加者が5,000人を超える Mass Participation(参加者多数の記録)においては法人単位の証人の立ち会いが必須となります。

証明業務に関する報酬はどれくらい?

公認会計士に対してギネスブックの証明業務を依頼した場合は1日あたり10万をご請求させていただくことが多いかと思います。

むろん、業務内容次第で増減することはありますが、基本的には証明書の発行を含めて10万円で実施させていただくことになります。

その他、交通費や宿泊費等の実費に関してはご請求させていただくことにはなります。

ギネスブックへの登録を申請する際に公認会計士の照明が必要な方はこちらへ!!

お問い合わせ先はこちら!