【決算書の読み方講座】減価償却費とは何か?

減価償却費とはなんでしょうか?
決算書を読み慣れていない方は何やら耳慣れない言葉かもしれませんが、聞いたことはある方が多いかもしれませんね。

そんな減価償却費ですが、実は減価償却費を理解することができれば、現代会計の理論の重要な部分を理解することができるのです!!

であるがゆえに、減価償却費がなんであるかの理解は会計を理解するためには避けては通れない基礎中の基礎であると言えます。

そこで本稿では、減価償却費の意味合いや決算書のどこに記載されることになるのかなどを初心者の方に対してもわかりやすいように解説します!

減価償却費とは?

減価償却費とは、減価償却資産の取得に要した金額を一定の方法によって各期の費用として配分された費用のことです。 

これは、事業を継続していくためには様々な資産が必要となりますが、資産は時の経過に伴い摩耗していきますよね。

例えば、有形の資産であれば、物理的に摩耗していくでしょうし、無形の資産であれば、機能的に摩耗していくことになりますよね。

そのような摩耗する資産について摩耗した分を費用として計上しようと考え、実際に費用計上することを減価償却と呼びます。

直感的にお金を支出した場合、要はキャッシュアウトフローが生じた場合には、費用となるように思えます。

 

減価償却費とは、事業などの業務のために用いられる建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産は、一般的には時の経過等によってその価値が減っていきます。

このような資産を減価償却資産といいます。他方、土地や骨とう品などのように時の経過により価値が減少しない資産は、減価償却資産ではありません。

減価償却資産の取得に要した金額は、取得した時に全額必要経費になるのではなく、その資産の使用可能期間の全期間にわたり分割して必要経費としていくべきものです。この使用可能期間に当たるものとして法定耐用年数が財務省令の別表に定められています。

 

減価償却費を一言で言えば?

資産の価値が減少したことに伴う費用のこと。

減価償却費は決算書のどこに記載されるのか?

基本的には販売費及び一般管理費に計上

減価償却費は基本的にはSGA(販売費及び一般管理費)の区分に計上されることになります。

これは、売上高との関係性が個別に「対応」するのではなく、期間とのみ「対応」するからとされています。

なお、ここでいう「対応」とは、対応概念あるいは費用収益対応の原則として、会計学では整理されています。

場合によっては売上原価に計上されることもある

基本的にはSGAに計上される減価償却費ですが、場合によっては売上原価に計上されることもあります。

では、減価償却費として計上される場合とはどのようなケースでしょうか?

 

[box04 title=”減価償却費の計上区分!”]
①基本的には販売費及び一般管理費の区分
②ただし、製品などを製造している会社の場合は売上原価の区分にも計上される
[/box04]

減価償却費が計上された場合の株価への影響は

減価償却費が計上されることは一般的ですので、減価償却費が計上されているからと言ってとりわけ株価への影響はないと考えてよいでしょう。

ただし、減価償却費は非現金支出費用なので、EBITDAの計上は営業利益にプラスされることになります。

そのため、EBITDAを簡易キャッシュフローであるとした場合に